地元の縁をつないで日々育ってゆく、永く愛される伝統の味。

昭和28年の創業から今年で64年、カステラの製造から始まり現在では「日本一きびだんご」の製造元として多くの道民に愛されている株式会社天狗堂宝船。函館にほど近い亀田郡七飯町にある同社に伺い、3代目の千葉仁社長にお話を伺いました。

天狗堂宝船

北海道独自の伝統あるお菓子。そのルーツは屯田兵の携帯食でした。

天狗堂宝船

「きびだんご」の製造を始めたのは昭和48年。岡山名物である求肥を使った羽二重餅の「きびだんご(吉備団子)」とは生まれの異なる北海道独自のお菓子で、漢字では「起備団合」と書きます。北海道開拓にあたった屯田兵の携帯食が由来とされ、”事が起きる前に備え、団結して助け合う”という意味を持っているのです。

手が汚れていても片手で手軽に食べられるようにと今の形状になったそう。日持ちし満腹感もあるので、きびだんごが生まれた当時に起こった関東大震災の影響も相まって非常食としても重宝されるようになりました。その後も老若男女問わず愛される存在として、北海道を始めやがて全国の家庭に広まっていったのです。

工場で焙煎したてのくるみをたっぷりと混ぜ込むくるみ餅が一番人気。

天狗堂宝船

天狗堂さんは北海道産のがごめ昆布を使用したソフトこんぶ餅を皮切りに、きびだんごのベースを活かしながら差別化を図った新しいお菓子を世に送り出してきました。中でも一番の売れ筋はくるみ餅とのこと。

他のメーカーでもくるみ餅という名前のお菓子は流通していますが、香料でくるみの香りをつけるだけのものではなく、しっかりとくるみの味や食感を感じられるものをと考えて独自に開発されているそうです。

生地をさわってごつごつと触れるほど混ぜ込むくるみは、なんと工場内で生のくるみから自家焙煎。くるみの風味が豊かで食感もたのしい、人気のお菓子に仕上がっています。

天狗堂宝船

くるみ餅のヒットを受けて、同社では売り場で一緒に並べて販売してもらえるよう、きなこ餅や黒胡麻餅などシリーズを広げて商品数を増やしていきました。単に新しい味というだけではなく、北海道の、特に函館近郊の特産品を広められるようにと地元の食材や地元企業の食品を多く取り入れています。

きびだんごとは価格帯も異なる餅菓子をシリーズ化していくにあたり、パッケージも売価に合わせたデザインに変えていくことの重要さにも改めて気づかれたといいます。手触りに和紙のやわらかさがある素材を選び、懐かしさや親しみやすさを感じられるお菓子を生み出してきました。

昔ながらの手仕事と機械作業が同居する、丁寧な生産現場

見学させていただくために工場内に踏み入れると、餅粉や水飴のどこか懐かしい甘さと昆布の香りにふんわりと包まれました。1階の工場では餅粉や水飴などを撹拌して練り上げる工程が主におこなわれ、出来上がった生地が手作業で型に移されていきます。
90℃以上にもなる生地を水をつけた手で一定量ずつ移していく工程はまさに職人技。思わず見入ってしまうほど無駄のない動きで、一つの釜で100kgもの量の生地が掬い上げられていきます。

天狗堂宝船

生地が乾燥しないように湿度を保たれた2階の工場内では、生地が次々にあの平たく細いきびだんごの形に仕上げられていきます。オブラートに包まれていることも特徴的な商品のため、オブラートを巻く工程では独自に開発した機械での作業も。その横で、昔ながらの手作業も並行して行われています。オブラートを扱う工程は夏場と冬場、さらには朝晩でも気温や湿度によって微妙に調整が必要な、とても繊細なものなのだそう。

天狗堂宝船

一度はオブラートで餅を包むのをやめることも考えられたそうですが、やはりオブラートに包んでこそのきびだんごだと、工夫を重ねてこられた天狗堂さん。10年ほど前からオブラート自体にも味をつけることを始め、きなこ餅に黒蜜味のオブラート、昆布餅に醤油味のオブラートなど新たな味わいに活かして進化させてきました。たまに食べるときに剥いてしまうお客さまがいると、とてもがっかりしてしまうそう。この記事をお読みの皆さまも、お買い求めの際はぜひオブラートごと味わってくださいね。

天狗堂宝船

北海道を、函館を、さらには七飯の良さを、もっと多くの人に知ってもらいたい

「新しいコラボレーションを考えていると楽しくなるんです」と笑顔で語ってくれた千葉社長は、甘酒やほうじ茶など美容や健康、スイーツ界のブームにもアンテナを張って次々と自社で商品化してきました。社内で募った案が採用されることもあれば、地元企業とのコラボレーションで新しい味が生まれることも。

以前、抹茶味の商品の原料である茶葉の仕入れが難しくなった際には、新しく宇治園函館支店さまと商品開発のお話が持ち上がるなど、まさにご縁を感じるタイミングで決まった案件もあったそうです。そこからブームに合わせてほうじ茶味のラインナップも加わり、ほうじ茶好きが特に多い道南で人気の商品となりました。

前々から社内で要望のあったコーヒー味の商品を開発する際には、北海道で最も歴史ある老舗の珈琲工房 函館 美鈴さまとのコラボレーションも叶いました。地元の専門メーカーと共同開発すれば味においても専門的なアドバイスを得ながら検討できますし、スーパーマーケットなどでより多くの人に手に取ってもらうきっかけにもなります。

天狗堂宝船

また最近ではアスリート向けのエネルギー食品として「Enemoti(エネもち)」も開発。サイクリストなどに、ゼリー飲料以外にも噛みごたえがあってちゃんと美味しく、しかも和の味わいを愉しめる食品を提供したいと、パッケージの形状なども併せて全く新しい分野での餅菓子の可能性を示したのです。

お話を伺っていると自社の商品を広めていきたいという印象ももちろん受けますが、七飯のよいものをもっと知ってもらいたい、七飯を盛り上げていきたいという意思も強くお持ちであることが伝わってきました。今後も七飯の特産品のりんごを使った洋菓子やさらには調味料まで、意欲的な開発が続くよう。

駄菓子としてのきびだんごから始まり、土産物として、特産品として、多くの人に愛され広まっていく商品たちの今後がとても楽しみになるインタビューでした。

天狗堂宝船

(2017.10)