毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る「SAVON de SIESTA(サボンデシエスタ)」の石鹸

忙しい毎日に追われて、いつもの自分が見えなくなったとき、疲れを洗い流して、穏やかな心を取り戻せる石鹸があったならーーー。そのような思いで作られているのが、札幌生まれの「SAVON de SIESTA」(サボンデシエスタ)の石鹸です。

「毎日の暮らしに、ココロがホッとするひとときを贈る」。

そのようなコンセプトを掲げる「SAVON de SIESTA」(サボン デ シエスタ、以下シエスタ)の石鹸は、札幌市中央区の直営店の一角にある、小さな工房で製造されています。

石鹸の素地を作るところからから包装まで、製造はすべて、スタッフたちの手仕事で行われています。

天然由来の原材料を選りすぐり、十勝産のあずきや小樽市の酒蔵から仕入れる酒粕といった北海道産の素材も使用しています。

それらに含まれるお肌への有効成分をしっかり残すため、製造方法は昔ながらのコールドプロセス製法を採用。原材料に熱を加えず、熟成させて作る方法です。

赤ちゃんや肌の弱い人でも安心して使い続けられるよう、合成界面活性剤や合成香料、防腐剤などの添加物は使っていません。

肌にやさしく汚れを落とし、使用後にしっとり感をもたらす独特の使い心地は、研究を重ねて生まれた、シエスタのオリジナルレシピによるものです。

石鹸に込めた想い

「当社の石鹸は、顔や体の汚れだけでなく、心の疲れもきれいにして、本来の穏やかな自分に戻れるようなものでありたいと思っているんです」。そう石鹸に込めた想いについて話すのは、代表取締役社長の附柴(つけしば)彩子さん。

彩子さんが石鹸作りを始めたのは、化粧品で肌がかぶれてしまったのがきっかけでした。

「それ以来、化粧品容器の裏にある成分表示を見るようになって、もう少しシンプルなものを作れないのかな、と思っていました」と当時を振りかえる彩子さん。

そんな時、本屋で見つけた石鹸作りの本を開いてみると、趣味のお菓子作りと工程が似ています。

「やってみようかな」。最初は自分用でしたが、次第に人に「おすそわけ」をするようになり、その後は自然な流れで商品化へ。

この頃の『誰かに贈って喜んでもらう』というのが、会社の原点であり、石鹸作りへのこだわりのすべては、その「延長線上」にあるのだと話します。

北海道の自然や人を感じて

原材料に北海道産の素材を取り入れているのは、石鹸の製造場所である北海道の豊かな自然や空気を感じられるように、という思いから。

「素材の背景やストーリーを知ることで、より安心してリラックスして使っていただけたら」と、素材の生産者や産地については、直営店店頭で配布している冊子や自社のホームページで伝えています。

直営店にある小窓から工房を見学できるようにしたのも、「製造風景や作り手も見えるように」との考えからです。

「この石鹸があれば大丈夫」

2019年4月には、定番石鹸がリニューアルされ、パッケージが新しくなりました。
描かれているのは、石鹸の原材料に使っている植物など。清楚でかつ、華やかな雰囲気が素敵です。

この機会に、素材や配合を変更した石鹸もあります。

例えば「102 ラベンダー石鹸」は、原材料となるラベンダーの大半を、北海道北見市で有機栽培されているものにチェンジ。
使い心地はそのままに、香りが少し変わりました。

また、「105 白樺石鹸」は無香料にし、肌へのやさしさと保湿性を高めるために、北海道の訓子府町という小さな町で生産されるハチミツを配合。

しっとり感が上がりました。

「最終的には『この石鹸があれば大丈夫』と思ってもらえるくらい、皆さまの暮らしに『ホッ』をもたらすことができたら本望ですね」と彩子さん。

石鹸を使ってホッとできたなら、次はきっと、誰かに何かをしてあげたくなるはずです。大切な人を思いやる気持ちのリレーが、シエスタの石鹸から始まります。肌にも心にもやさしい使い心地を味わってみませんか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●取り扱い

・サボンデシエスタ直営店
Siesta Labo.(シエスタラボ)
住所 札幌市中央区南1条西12丁目4-182 ASビル1階
電話 011-206-0710

・サボンデシエスタ オンラインショップ
https://at-siesta.com

・札幌スタイルショップ
住所 札幌市中央区北5条西2丁目5 JRタワーイースト6階(展望室エントランス)
電話 011-209-5501