セレクター一覧

北海道に縁があり、様々なフィールドで活躍する各分野の著名人、専門家を商品のセレクターとしてお迎え、日常で食べている、使っている北海道の商品をご紹介しています。
皆様の経歴や価値観、想いを込めた商品紹介によって、更なる北海道の魅力を発信していきます。

  • CREATIVE OFFICE CUE 代表取締役/プロデューサー

    伊藤 亜由美AYUMI ITO

    1992年 「CREATIVE OFFICE CUE」を設立
    大泉洋やTEAM NACSが所属、個性派俳優を抱え、全国へと活動の場を広げる。食、観光、地域産品等北海道の様々な魅力を全国に伝えたいという思いから、映画『しあわせのパン』(2012年)『ぶどうのなみだ』(2014年)を企画。社名の「CUE」(キュー)には、「北海道のエンターテインメント界にキューを出す」という意味を込められている。
    「北海道のつくり手さんたちを紹介すること」を役目と考え、北海道各地、日本全国の伝統ある職人技とプロダクツを精力的に発信している。

    詳細をみる
  • フードライター

    小西 由稀YUKI KONISHI

    室蘭市に生まれ、18歳まで過ごす。短大卒業後、札幌の出版社で勤務。
    現在はフリーランスのフードライターとして、さまざまな媒体で北海道の魅力的な食について発信している。
    生産者や料理人を取材するときの信条は「どんな人にも思いがある」。つくる人の心に寄り添い、その思いを丁寧にすくいあげることで紡がれる文章は、ただのグルメ情報ではない、食と人の物語。
    著書に『おいしい札幌出張〜45の美味案内』『おいしい札幌出張2』『食のつくりびと〜北海道でおいしいものをつくる20人の生産者』がある。

    詳細をみる
  • 株式会社グロッシー 代表取締役兼フードソムリエ代表

    北村 貴TAKA KITAMURA

    フードプロデューサー。十勝と東京に拠点を置く、2地域居住実践者。東京で15年間、マーケティングの仕事を経てUターン。 2003年、実家である北村商店(浦幌町)の事業として北海道の逸品食材を扱うオンラインショップを開設。2007年、株式会社グロッシーを設立。食関係のマーケティングやプロモーション、コンサルティングを手がけ、料理家や生産者など食のプロが情報発信をする場としてのインターネットメディア「フードソムリエ」を運営している。情熱のある生産者がつくりだす、おいしいものを求めて、日本全国を飛び回る日々を送る。また、子どもの心と体の健康を守ることを目的とした味覚教育「MIIKU(味育)」に尽力する。

    詳細をみる
  • 株式会社YOSHIMI 代表取締役社長 兼 オーナーシェフ

    勝山 良美YOSHIMI KATSUYAMA

    1983年開店のレストラン「YOSHIMI本店」をはじめ、仙台・東京・千葉・名古屋・福岡にカフェレストランやスープカリー専門店、ハンバーグ専門店など約20店舗を展開する。2006年にレトルトスープカレーを開発したことから、観光土産品のプロデューサーとしても手腕を発揮。「札幌カリーせんべい カリカリまだある?」等のヒット商品を生み出している。
    菓子卸売業を始めた17歳のときから約50年、好奇心を武器に食の世界でチャレンジを続ける、北海道を代表する料理人であり経営者。2013年には『最強「ご当地定番」のつくり方』を上梓、そのノウハウを惜しみなく披露した。

    詳細をみる
  • 合同会社肉ソン大統領 大統領補佐官

    阿野 洋介YOUSUKE ANO

    長崎県五島列島で生まれ育ち、大学時代を岡山県で過ごす。18歳のときに初めて訪れた北海道を好きになり、いつか暮らしたいという思いを募らせる。 機会のないまま、岡山県でカフェを開業、7店舗を持つまでに成功。しかし、「楽しそうと思ったら挑戦する」という開拓者精神を抑えきれずに、2013年12月、札幌へ移住した。 温め続けていたアイデアを実現するべく、合同会社肉ソン大統領を設立。現在は「肉ソン大統領」と、北海道民の郷土愛を刺激する「ホッカイドット」の二つのブランドを展開、商品開発を手がける。

    詳細をみる
  • 北極冒険家

    荻田 泰永YASUNAGA OGITA

    北海道鷹栖町在住。
    カナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。2000年より2017年までの18年間に15回の北極行を経験し、北極圏各地を9000km以上移動してきた。
    世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」
    日本国内では夏休みに小学生たちと160kmを踏破する「100milesAdventure」を2012年より主宰。北極で学んだ経験を旅を通して子供達に伝えている。

    詳細をみる
  • 道産日本酒コンシェルジュ

    藤村 知世TOMOYO FUJIMURA

    ミス日本酒Miss SAKE選考会によって「伝統ある日本酒と日本文化の魅力を日本国内外に発信する美意識と知性を身につけたアンバサダー(大使)」として選出される「ミス日本酒」の北海道大会初代グランプリ。
    一般社団法人 友醸にて「日本酒・和文化を世界へ発信」することをミッションとして日本酒を取り巻く日本の食や文化を深く学び、その魅力をたくさんの人に伝え、広める役割を担っている。
    さまざまな活動を通して、日本酒を楽しく飲んで、日本酒好きの輪を広げる場をつくり、日本酒の普及に貢献している。

    詳細をみる
  • 東川町役場 写真の町課 課長

    矢ノ目 俊之TOSHIYUKI YANOME

    愛別町出身。専門学校を卒業後、東川町職員となり東川米のPRや独自の婚姻届・出生届、ひがしかわ株主制度など様々な取組みを手掛ける。「誰のためにやるのか」と「それで笑顔になれるか」という点を常に意識し、抜群の行動力で東川町の活性化を促進。
    現在は写真の町課にて、写真をコミュニケーションツールとして身近で活用する方法、企画など、新しい可能性を追求し続けている。

    詳細をみる